現地レポート

  • 2018.05.21
  • まつかわゆま

ついに完成!テリー、上機嫌。 ドン・キホーテを殺した男 会見

今年のクロージング上映はテリー・ギリアム監督「ドン・キホーテを殺した男」。20年前に企画が始まり、19年間に8回頓挫し、それでもあきらめずに、やっとやっとやっと完成させたという執念の作品。


会見場も盛り上がっていた。テリー・ギリアム監督もキャストもハイな状態。…ジョナサン・プライス以外(笑 会見中ギリアムやキャストによって繰り返されたジョーク。何があっても冷静なプライスである)
「ドン・キホーテは25年間俺のヒーローであり続けた。キホーテは、夢であり、リアリティでありなによりも人生そのものの存在なんだ」とギリアム監督。

20年前ジョン・ロシュフォールで始まり、マイケル・ペイリン、ジョン・ハートを経て、ドン・キホーテ役を最終的につとめることになったジョナサン・プライスは「未来世紀ブラジル」以来長いつきあいのギリアム組。

ジョナサン・プライス

オルガ・キュリレンコ

「キホーテ役にふさわしいくらいに年を取ったしね。テリーとは長いつきあいなんだが「未来世紀ブラジル」の後は二度と仕事したくないと思ったこともあった。でもfinaly,finaly,finaly作品が完成できて本当にうれしい」というプライスに
「ひげと眉毛もつけられたし」とチャチャを入れるギリアム。「未来世紀ブラジル」の時より確かに毛がなくなっているプライス、である。

現代のCM監督であり、ドン・キホーテの時代にタイムスリップしてしまう主人公トビーを、ジョニー・デップにかわって演ずるのはアダム・ドライバー。

「ギリアムはユニークでエネルギッシュでとてつもない人だと思う。撮影が終わってホテルに帰ってもその熱気が抜けないんだ」
ドライバーがキャスティングされたのは「スターウォーズ フォースの覚醒」の前のこと。ということは
「ギャラが安かったしね」とギリアム。「ちょうどイギリスで撮影してたから、ポルトガルの撮影にも参加しやすかったし」ととぼける。
2016年のカンヌで発表されたキャストのまま完成作に出演しているもう一人がオルガ・キュリレンコ。女性キャストが一人だけだったので当然ドン・キホーテの思い姫ドルシネア(本当は姫ではない)役と思いきや…
「こんなスーパー・ビッチを演じさせてくれて、テリーありがとう。すっごく楽しかった」なのだ。

ドルシネアにあたるヒロインを演ずるのは新星ジョアンナ・リベイロ(会見最初のキャスト紹介で忘れられてしまいちょっとショックを受けていた)である。

司会の人、この人紹介忘れてる!とギリアム

大丈夫でーす

アメリカ人のCM監督トビーはスペインで撮影中、学生時代この付近の村で自主映画を撮影したことを思い出す。それはドン・キホーテの物語に想を得た映画だった。キャストとして地元の人たちをスカウトして撮影したその映画が、トビーをこの仕事に就かせるきっかけになっていた。思い出の村を訪れたトビーは思いがけない人物と再会し、思いがけない冒険へと巻き込まれていく…まるでドン・キホーテの冒険に巻き込まれるサンチョ・パンサのように…。

フランスではカンヌのクロージング上映が終わったとたんに公開されることが決まっているし、世界各国の上映も続々決定中。日本の公開が未定なのが、大変残念。ぜひ、公開してほしいものだ。

  • 2018.05.21
  • ムービープラス公式

受賞結果 一覧! 『万引き家族』是枝裕和 会見まるっと15分動画!

最高賞パルム・ドールは是枝監督の『万引き家族』。

会見の様子をまるっと15分動画で!

<受賞結果 一覧>

■パルム・ドール
『万引き家族』是枝裕和

■グランプリ
『ブラッククランスマン(原題)』スパイク・リー

■監督賞
パヴェウ・パヴリコフスキ『冷戦(原題)』

■女優賞
Samal YESLYAMOVA『アイカ(原題)』

■男優賞
マルチェロ・フォンテ『ドッグマン(原題)』

■脚本賞
アリーチェ・ロルヴァケル『ラザロのように幸福(原題)』
ジャファル・パナヒ/Nader SAEIVAR『3つの顔(原題)』

■審査員賞
『カペナウム(原題)』ナディーン・ラバキー

■カメラドール(新人監督賞)
『GIRL(原題)』Lukas DHONT監督

■短編部門パルム・ドール
『ALL THESE CREATURES(原題)』

■特別審査員賞
『イメージの本(原題)』ジャン=リュック・ゴダール

 

再放送は字幕版です。ライブではお送りできなかった映像もあります!
『日本独占!第71回カンヌ映画祭授賞式【字幕版】』
05月24日(木) 15:45〜、05月26日(土) 11:00〜、05月30日(水) 09:30〜

 

  • 2018.05.21
  • 石津文子

是枝監督、最高賞パルムドール!

Bonjour !

昨夜は興奮して眠れなかったわー。皆さん、授賞式生中継観てくださった?

是枝裕和監督の「万引き家族」が最高賞パルムドール受賞だなんて、もう監督の名前をケイト・ブランシェットが呼んだとき、マダムったら「きゃーーー!!!」って叫んじゃった。

マダムアヤコたちジャーナリストは、授賞式をやっているシアター・ルミエールとロビーを挟んで隣にあるシアター・ドビュッシーで授賞式生中継を観てたんだけど、本当に本当に嬉しくて、鳥肌が立っちゃったほど。

映画のスタッフでもなんでもないけど、是枝裕和監督作品のファンとして大感激だったわ。今年のカンヌでたくさん描かれた INVISIBLE PEOPLE (見えない人々)というケイトの言葉が印象的だったわね。まさに「万引き家族」は、世間からいないことにされている人々や子供たちのお話であり、見ないですまそうとする私たちにチクりと針を刺すような映画だったわ。

一方、星取り表で、「万引き家族」と1、2を争っていたイ・チャンドン監督の「BURNING」(納屋を焼く)は、批評家協会賞の選ばれたけど、残念ながら映画祭の賞はなし。2年前、批評家に大絶賛された「ありがとう、トニ・エルドマン」と同じ状況になっちゃったの。審査員と批評家の視点の違いがここでも浮かび上がったけど、「万引き家族」に関しては、もう誰も文句なし!完璧なパルムドールだったと思うわー。是枝監督、本当におめでとうございます!

では、A biantot ! またすぐに。

  • 2018.05.20
  • 齋藤敦子

働く警察犬くん


カンヌ駅のキオスクに新聞を買いに行ったら、機動隊員に連れられた警察犬に遭遇。オレンジと黒のチョッキは爆弾が爆発したときに胸(心臓)を守るもの。なかなか大変なお仕事らしい。ご苦労様です。

  • 2018.05.19
  • まつかわゆま

今年も来とるんかいっ!行ってQ。

見っけ〜!